seika_top

新潮社より「工芸 青花」という新しい試みが始まります。1,000名限定、年会費制で年3回豪華装丁のビジュアルブックが届くという仕組みです。世話人として茶人の木村宗慎さんが、賛同人には花人の川瀬敏郎さん等、豪華な布陣も魅力です。常々骨董と工芸の世界が乖離しているのに疑問を持っておりましたが、この「青花」がひとつの答えを出してくれることを願っております。

青花発刊記念として、本日から12月26日まで代官山の蔦屋書店内でフェアが開催されております。第一号の頒布は今月20日に予定されているとのことですが、色見本などでいち早く内容を拝見できるそうです。また、10点足らずですが、会場に骨董を出品させていただきました。弥七田織部の高杯や朝鮮の白磁壺などを展示販売しておりますので、気になる方は是非お運び下さい。

mejikore

「目白コレクション 2014」へ出店いたします。

 

初参戦ゆえの緊張感もほどほどに、秋の2日間を存分に楽しみたいと思います。出品数は少なめですが、お喜びいただけるような品物を御用意しお迎えいたします。

皆様と会場でお会いできるのを心待ちにしております。

dai

『国宝 醍醐寺のすべて』いよいよ明日から開催されます。69378点にも及ぶ「醍醐寺文書聖教」が国宝に指定された記念展なのですが、実は醍醐寺と奈良には深〜い御縁があります。創建した理源大師聖宝は若き日に東大寺で行を重ねましたし、また鎌倉時代に東大寺再興の指揮をとったことで有名な重源上人は醍醐寺の出身でした。

国宝62件、重要文化財85件を含む、全190点が公開されます(出品リストはこちらから)。会期中は公開講座も催されますので、参画されてみてはいかがでしょう。

IMG_0139

久しぶりに大江戸骨董市へ出店いたします。

7月6日(日) 東京国際フォーラムにて。

雨天は中止になりますので、開催前日に大江戸骨董市のオフィシャルサイトをご確認の上、おでかけください。当日は古陶磁を中心に持ってゆきます。

IMG_0431

6月17日から19日まで、韓国へ出かけます。韓国の旅行者向け情報サイト、コネストによりますと気温は日本と変わらずですが、やっぱりウォン高ですね〜。交換レート三割増はキツい!でも、せっかくなんで楽しんできますわ。旅行中も店は営業しておりますので、ご安心を。

IMG_1031

高仲健一『山是山 水是水』出版記念展好評開催中です。今回は『山是山 水是水』に掲載されている全ての原画をご覧いただくことができ、また嬉しいことに購入も可能です。<現代の民画>ともいえる高仲氏の世界は軽妙で可愛らしくもありますが、それぞれに漢詩を散りばめられ、現代人が忘れかけた(とっくに忘れてしまった)大切な心、また対象への向き合い方を教えてくれます。会期中のみ韓国で額装した特装版も展示/販売しておりますので、お見逃しなく。もちろん、本も直接手に取りご購入いただけます。

写真は会場の模様です。普段より少なめですが、骨董も販売しております。

近鉄奈良駅より東大寺方面へ徒歩10分です。会場の詳細はこちらから。

_DSC0014

明日、5月31日(土)は高仲健一『山是山 水是水』出版記念展の準備のため、16時にて閉店させていただきます。予めご了承下さい。

_DSC0023

6月1日(日)より8日(日)まで、当店にて高仲健一『山是山 水是水』出版記念点を開催します。高仲氏の20年間にわたる山暮らしの日々を活写した画文集を自然堂出版より上辞された記念として、その画文集に掲載された原画全てを展示(一部、豪華額装付)、販売させていただきます。あわせて高仲さんを囲む家族や動物達の姿が描かれた陶器も展示即売いたします。どこかユーモラスで味わい深い高仲さんの世界を、ぜひご高覧ください。

<奈良展>

2014年6月1日(日)より8日(日)まで

古美術 中上にて

11:00 – 18:00 会期中無休

作家在廊日:6月1日(日)

 

当店の展示終了後、東京へ巡回します。

<東京展>

2014年6月15日(日)より22日(日)まで

Gallery SUにて

_DSC0014

いよいよ今週末、京都ふるどうぐ市が開催されます。

出品物のほとんどが初荷ですので、お近くの方は是非お立ち寄りください。当店は会場2階の西教室に出店しております。

心よりお待ち申し上げます。

DSC_0002

奈良と京都は昔から付かず離れずの関係、どちらも古い都であることのプライドは譲れないらしい。「一番古いのは奈良でっせ」「昔から都(みやこ)といえば京都どす」いやはや。まぁ、はっきり言って意地の張り合い。奈良の良さ、京都の良さをどちらも理解して楽しむ、これが市井の我々に許された特権、ということにしておきましょう。

まだ少し先の話ですが、「京都ふるどうぐ市」というイベントに参画します。三条通りと四条通りのちょうど中間あたり、木屋町通り沿いにある廃校になった小学校が会場です。この元・立誠小学校は明治2年に開校した日本で最古の小学校とされています。旧き良き内装を楽しみながら、古いものに触れにいらして下さい。

第1回「京都ふるどうぐ市」

会場:元・立誠小学校 校舎内(京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2)

4月26日(土)開催時間 11:30 – 18:00

4月27日(日)開催時間 10:00 – 16:00

入場料:300円