_DSC0023

6月1日(日)より8日(日)まで、当店にて高仲健一『山是山 水是水』出版記念点を開催します。高仲氏の20年間にわたる山暮らしの日々を活写した画文集を自然堂出版より上辞された記念として、その画文集に掲載された原画全てを展示(一部、豪華額装付)、販売させていただきます。あわせて高仲さんを囲む家族や動物達の姿が描かれた陶器も展示即売いたします。どこかユーモラスで味わい深い高仲さんの世界を、ぜひご高覧ください。

<奈良展>

2014年6月1日(日)より8日(日)まで

古美術 中上にて

11:00 – 18:00 会期中無休

作家在廊日:6月1日(日)

 

当店の展示終了後、東京へ巡回します。

<東京展>

2014年6月15日(日)より22日(日)まで

Gallery SUにて

_DSC0014

いよいよ今週末、京都ふるどうぐ市が開催されます。

出品物のほとんどが初荷ですので、お近くの方は是非お立ち寄りください。当店は会場2階の西教室に出店しております。

心よりお待ち申し上げます。

DSC_0002

奈良と京都は昔から付かず離れずの関係、どちらも古い都であることのプライドは譲れないらしい。「一番古いのは奈良でっせ」「昔から都(みやこ)といえば京都どす」いやはや。まぁ、はっきり言って意地の張り合い。奈良の良さ、京都の良さをどちらも理解して楽しむ、これが市井の我々に許された特権、ということにしておきましょう。

まだ少し先の話ですが、「京都ふるどうぐ市」というイベントに参画します。三条通りと四条通りのちょうど中間あたり、木屋町通り沿いにある廃校になった小学校が会場です。この元・立誠小学校は明治2年に開校した日本で最古の小学校とされています。旧き良き内装を楽しみながら、古いものに触れにいらして下さい。

第1回「京都ふるどうぐ市」

会場:元・立誠小学校 校舎内(京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2)

4月26日(土)開催時間 11:30 – 18:00

4月27日(日)開催時間 10:00 – 16:00

入場料:300円

Bon Antiques マヨリカ壷-thumb-180x270-1067

今月25日〜2月1日まで、東京は麻布のGallery SUにて展示会を開催します。今回は昨年のテーマ『祈りのかたち』の発展形として、平和の象徴である鳥をモティーフとした古物を蒐めた展観となります。また初春ということで古今東西の白磁の器も展示即売し、残雪から鳥が顔を覗かせるような春らしい展示を目指しております。

「w/s ―冬から春へ―」

 

会期/2014年1月25日(土)~2月1日(土)

時間/12:00-19:00 会期中無休

会場/Gallery SU(東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室 Tel. 03-6277-6714)

店主在廊日/1月25日(土)・26日(日)

 

各国の古美術・古道具を扱うオンラインショップ「Bon Antiques」と、奈良にて実店舗「古美術 中上」を営む中上修作さんによる、3回目の展示会です。以下は、中上さんから頂いたメッセージです。「今回は、鳥をモティーフとした古物と白磁の競演をお楽しみ頂きます。残雪から鳥が顔を覗かせるような、初春に相応しい展示を目指しております。古い窓から降り注ぐ陽光とともに、ご高覧頂ければ幸いです」。ぜひたくさんの方にご覧頂きたく、お待ち申し上げております。(DMより抜粋) 

写真/マヨリカ鳥絵手付壷、イタリア・16世紀頃

 

DSC_0001

本年の営業は明日(12月29日)まで。翌年は1月8日(水)からの営業となります。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

中上 修作

DSC_0003

冬期休暇のお知らせ

年内は12月29日(日)まで営業、12月30日より翌年1月7日(火)までを冬期休暇とさせていただきます。店は休業ですが、fufufufu.com等のウェブ販売は更新する予定ですので、ご高覧いただければ幸いです。

11月2日にオープンし、気がつけばもう年の瀬。まだまだ皆様のご期待に添えないのが痛恨事ですが、牛歩ながら努力して参る所存ですので何卒お許し下さいませ。2014年が皆様にとりまして明るく、また幸せな年となりますよう祈念致しております。

ハイアットリージェンシー京都で開催中の『妙喜庵待庵古材茶箱展』もお陰様で大変好評をいただいております。翌年1月20日まで開催しておりますので、お時間がございましたらご高覧下さい。

中上 修作

12月23日(月/祝日)は営業いたします。

DSC_0003

御祭期間中は休まず営業しておりましたので、明日12月18日(水)と明後日19日(木)は振替休日とさせていただきます。予めご了承ください。

写真の杯は砥部の面取り筒杯、江戸後期。朝鮮時代中期の陶のような光を吸い込む肌と柔らかい面取りがGood。

店頭にて販売中。

御売約

DSC_0001

古美術 中上ではこの度、骨董サイトfufufufu.comに加盟致しました。これは私感ですが、現在の骨董を専門とするウェブサイトでは加盟店の豪華さや品揃えは国内随一かと思います。まだ品物は少ないですが徐々に増やして参ります。ご興味ある方は一度覗かれてみて下さい。新しい世界があなたを待っているかもしれません。古美術 中上のページはこちらから入場できます。

DSC_0026

企画展のご案内です。京都のハイアットリージェンシー内にあるギャラリー、セレクトショップ京にて開催される「妙喜庵待庵古材茶箱展」に参画致します。千利休が作ったとされる、唯一確かな茶室である「待庵」。その古材を使用して制作された茶箱をベースに道具を組んでいくという、前代未聞の企画です。製作期間1年という短いスケジュールの中でしたが、現時点で最善の仕事をさせていただきました。ご興味のある方はぜひ京都へ足をお運び下さい。

妙喜庵待庵古材茶箱展

会期:2013年12月19日(木)〜2014年1月20日(月) 8:30〜18:00(最終日のみ16時迄 )

会場:セレクトショップ京(京都市東山区三十三間堂廻り 644番地2 ハイアット リージェンシー京都 ロビー内)

参加者:

赤木 明登(塗師)
安藤 雅信(陶作家)
石橋 圭吾(白白庵主宰・アートディレクター)
小田 薫(アーティスト)
雑誌「家庭画報インターナショナル」(森音 広夢制作)
コシノジュンコ(デザイナー)
小林 和映(仕覆作家)
雑誌「サライ」(高仲 健一制作)
とらや(御菓子司)
中上 修作(古美術 中上・Bon Antiques主宰)
長谷川 竹次郎(金工作家)
黄 安希(茶事家・中国茶曾主宰)
細川 護光(陶芸家)
丸久小山園(日本茶製造・販売)
や和らぎたかす(着物専門店)
吉田 博信(切子作家)
ランディーチャネル 宗榮(茶道家)

増田 宗陵(高野竹工)
青木 健一(高野竹工)