12月23日(月/祝日)は営業いたします。

DSC_0003

御祭期間中は休まず営業しておりましたので、明日12月18日(水)と明後日19日(木)は振替休日とさせていただきます。予めご了承ください。

写真の杯は砥部の面取り筒杯、江戸後期。朝鮮時代中期の陶のような光を吸い込む肌と柔らかい面取りがGood。

店頭にて販売中。

御売約

DSC_0001

古美術 中上ではこの度、骨董サイトfufufufu.comに加盟致しました。これは私感ですが、現在の骨董を専門とするウェブサイトでは加盟店の豪華さや品揃えは国内随一かと思います。まだ品物は少ないですが徐々に増やして参ります。ご興味ある方は一度覗かれてみて下さい。新しい世界があなたを待っているかもしれません。古美術 中上のページはこちらから入場できます。

DSC_0026

企画展のご案内です。京都のハイアットリージェンシー内にあるギャラリー、セレクトショップ京にて開催される「妙喜庵待庵古材茶箱展」に参画致します。千利休が作ったとされる、唯一確かな茶室である「待庵」。その古材を使用して制作された茶箱をベースに道具を組んでいくという、前代未聞の企画です。製作期間1年という短いスケジュールの中でしたが、現時点で最善の仕事をさせていただきました。ご興味のある方はぜひ京都へ足をお運び下さい。

妙喜庵待庵古材茶箱展

会期:2013年12月19日(木)〜2014年1月20日(月) 8:30〜18:00(最終日のみ16時迄 )

会場:セレクトショップ京(京都市東山区三十三間堂廻り 644番地2 ハイアット リージェンシー京都 ロビー内)

参加者:

赤木 明登(塗師)
安藤 雅信(陶作家)
石橋 圭吾(白白庵主宰・アートディレクター)
小田 薫(アーティスト)
雑誌「家庭画報インターナショナル」(森音 広夢制作)
コシノジュンコ(デザイナー)
小林 和映(仕覆作家)
雑誌「サライ」(高仲 健一制作)
とらや(御菓子司)
中上 修作(古美術 中上・Bon Antiques主宰)
長谷川 竹次郎(金工作家)
黄 安希(茶事家・中国茶曾主宰)
細川 護光(陶芸家)
丸久小山園(日本茶製造・販売)
や和らぎたかす(着物専門店)
吉田 博信(切子作家)
ランディーチャネル 宗榮(茶道家)

増田 宗陵(高野竹工)
青木 健一(高野竹工)

12月16日(月)、17日(火)は奈良の年の瀬の恒例行事、御祭(おんまつり)が開催されておりますので、休まず営業いたします。なお、18日(水)、19日(木)は振替休日とさせていただきます。予めご了承ください。

・12月16、17日(月、火) 開店

・12月18、19日(水、木) 振替休

DSC_0006

12月8日(日)は奈良マラソンが開催され、店の前の道路が通行止めになりますため店は休業いたします。

また、12月16日(月)、17日(火)は奈良の年の瀬の恒例行事、御祭(おんまつり)が開催されておりますので、休まず営業いたします(18日は(水)、19日(木)を振替休日とさせていただきます。予めご了承ください)。

・12月8日(日) 

・12月16、17日(月、火) 開店

・12月18、19日(水、木) 振替休

DSC_0022

オープン2日目はあいにくの雨模様でしたが、変わらずたくさんのお客様に恵まれ感謝のひとことです。気持ちの上では正倉院展の行列にも負けないくらいの誇らしさです。初めて知ったのですが週末含む休日は夜の7時まで観覧できるようで、ナルホド、夜の道路が込み合うはずだと納得した次第。

古美術 中上は月曜日と火曜日が定休日ですが、明日4日は祝日ですので開店いたします。ただし、翌日の火曜日はお休みとなりますのでお気をつけ下さい。

DSC_0004

本日、古美術 中上が開店しました。初日らしく沢山のお花やお酒、手みやげを頂戴し店主は幸せいっぱいです。ありがとうございます。全ての方に丁寧な接客ができたとはいえず、そういう意味では悔いの残る初日ではありましたが、やはり新たな出会いは嬉しいものですね。明日は少し天気が崩れそうですが、晴れやかな顔をした古物たちがお出迎えいたします。

*DMにも使用した、写真の水滴はご売約となりました。ありがとうございました。

DSC_0002

いよいよ明日、古美術 中上が開店します。最後の最後までバタバタの連続で「あれも」「これも」と右往左往。それでも何とか形にすることはできました。脇から支えて下さった方、そして妻には感謝の言葉しかありません。どうもありがとうございます。

皆様に気に入っていただける品があると良いのですが。率直なご意見を賜りたいと思います。明日から三連休、散策かたがたお立ち寄りいください。午前11時開店です。

DSC_0004

開店まであと3日。毎日ヒーヒーいいながら準備はいよいよ佳境へ。出来ることからゆっくり、確実に。気持ちの上では解ってはいるのですが、なかなか。しかし、ボケボケした店主を尻目に店内装が完成!いや、素晴らしいのなんの。漆喰の展示スペース、昼は光を拡散し夜は光を吸い込む。トテモキレイナンデスヨ。

奈良国立博物館では、毎年恒例の正倉院展が始まりました。今回の目玉は23年ぶりに公開となる「漆金薄絵盤」。奈良が一番込み合う時期です。