_DSC0005

今日は久々に何もない休日。SAKURAのトンネルの下でおはぎを食べてきました。はらはらと舞う、天女の箔が切なく、また美しいものでした。

本日は京焼の円筒水滴をアップしました。京焼の水滴は珍なるものですが、まずその愛らしい意匠に好感を持ちました。真っ黒になった文机の天板に似合いそうな佇まいです。意匠愛らしく、実用に叶うのも嬉しいところ。

sold

_DSC0008

店裏の桜は七分咲き。今日は午後から雨とのこと。散るなよ。

本日は古備前茶入をアップしました。小振りで愛らしい茶入ですが桃山茶陶の豪放さを味わえます。口造りと肌合いの素晴らしさは本時代ならではのもの。小さなサイズですので唐物茶籠に仕込むのもアリかと思います。得難い「伝世」古備前茶入です。

sold

_DSC0004

三寒四温、まだ冬服が手放せません。それでも花の薫りが風にのって漂ってきたりすると、脳から「芽生え指令」が放出されてヒトも動物の一部だと感じる次第。同じ人類が共存を否定する昨今、世界一の「厄介動物」でもありますが。

本日は黒唐津徳利をアップしましたので御覧下さい。高台が荒れておりますが正真正銘の「伝世一合徳利」です。黒唐津は一見地味に映りますが、艶やかな釉ムラなどは官能的ですらあります。奈良の数奇者であり関西古美術界の重鎮であられた、河瀬洋三翁の旧蔵品です。

sold

_DSC0007

新年恒例の展示会が無事に閉幕いたしました。毎回展示テーマを考え、品を集める苦労があってもたくさんの方にお運びいただき、お気に入りを見つけて頂くことで労苦を忘れます。転じて次回に備え今年も精進して参ります。この度は本当に有難う御座いました。

本日は古唐津振出をアップしました。平戸系牛石窯の掛け分け小徳利ですが、振出に使用できる品は却って希少です。穴の直径も大きく金平糖を難なく転がり出せ、また小さな徳利としても価値があります。小さくとも「叩き」の技法で薄く作られ、案外入ります。膚も艶やかで傍にあるだけで気持ちよく「伝世の品は(発掘品の)3倍出しても買え」といわれるのも納得です。

sold

_dsc0023

師走のあわただしさが線香の煙のように漂ってきました。御祭の季節ですが実は7月の流鏑馬からゆるり、と始まっているのです。12月15日に執り行われる大宿所詣(おおしゅくしょもうで)〜御湯立(みゆたて)から、いよいよ御祭はクライマックスへと向かいます。

本日は湊焼の馬上杯をアップしました。樂家三代ノンカウの弟、道楽が開窯した湊焼。明治頃には途絶えてしまいますが、元が茶陶だけに気の効いた作品が多いのです。小振りで御本の愛らしい馬上杯です。

sold

_dsc0001

志野クルス文向付

fufufufu.comの扉写真を更新しました。よきクリスマスになりますように!

sold

_dsc0017

本日は鳴海織部の筒向付をアップしました。組物から離れて伝世し暫く火入れとして活躍していたようですが、左党は麦酒や焼酎を注ぎたくなるでしょう。アガリも最上級で、和陶のよさをしみじみ味わっていただけるお品です。

sold

_DSC0003

猛暑酷暑も立秋を過ぎれば、夏を惜しむ気持ちになる。それが季節というものだが、其の事がどれだけ「和」の心に影を落とし続けている事か。蚊に刺された二の腕を掻きながら、気持ちは徐々に彼岸へと向かう。

本日は黄瀬戸酒盞をアップしました。油受けによる「見立て 盞」なので少し小さめだが、桃山あぶらげ手の黄瀬戸を愉しむに過不足はない。黄味たっぷりのカステラ色は殊のほか柔らかく、夜の深まりとともに手に取りたくなる一盞と思う。

sold

_DSC0002

大暑を迎え、いよいよ猛暑と思いきや関東地方では冷夏のごとく。出張は楽でよいものの、水不足は心配ですね。同じゲリラ豪雨が降るなら街にではなく山間に降ればいいのに、と思いますがゲリラ豪雨はいわば「人災」ですから、街が対象なのでしょう。また山間に降ったら降ったで早期開梱の森は根が浅く、大量の雨水を貯えることなく地滑りだけ起こってしまう。なかなかうまくいかないものです。

さて今日は古瀬戸水滴をアップしました。恐らく最小サイズの水滴ですが、印花文、窯変、土味など見所に尽きません。瑕多めですが、座辺に転がしておくだけで客人に「おっ」といわしめる中世古窯の佳品です。

sold

_DSC0017

今日は店休日で大阪へ用事出かけておりましたが「梅雨明けたんじゃないの?」という程の熱波でした。韓国への送金では「マイナンバーが必要なんです」と懇願され撃沈し、墓参りでは迷子になり摂氏35℃の中をとぼとぼ。今日はツイてない!と思いながら、帰りに駅ナカでゴキゲンな白あんの御座候を、と思いきや売り切れ、、、やっぱり今日はツイてない、、。

こんな日は冷たいやつを吞むしかありません。今日は斑唐津の片口をアップしました。発掘の品で片側が歪み、ヒッツキもありますが却って持ちやすく、酒徒には堪らないと思います。仕込も丁寧で大事に伝世しました。念のために申し上げておきますが「古高取の」斑ではありません。正真正銘の本歌です。ベストサイズの斑唐津の片口は大変に希少ですので、是非御検討下さい。

sold