新型コロナの活動がどうやら本格的になってきた模様。世界的な流行であることは火を見るより明らかなのですが、何より未経験で収束の先が見えない不安感が世界を覆ってしまっているのは如何ともし難い事実。まずは個人のモラルが大事です。偽の情報に惑わされず「自らがよく考えて」行動することが、結果的に人を傷つけずまた収束を早めるのではないでしょうか。

本日は鉄砂梅鉢文小壺李鳳梧作の絵刷毛目杯の2点をアップしました。絵刷毛目杯の鳳梧氏は夭折した作家。本歌を手本としながらも自然の発露を大事にした作家でした。殆ど未使用。綺麗な状態です。小壺は元来筆洗ですが、時代の蓋が附属しており内海茶入としても見立てが可能です。愛らしい梅鉢文(九曜文)がアクセント、花を生けてもグッドです。

sold

いよいよ春めいて参りました。新型コロナの影響でどこもかしこも閑古鳥、ですが、こんな時こそ経済活動を止めてはならない!と強く思います。余り混んでいるところには行かず、1週間に1回くらいは馴染みの飲食店で食事をする。これだけでも皆が実行すれば、その地域には相乗効果がでてくるのではないでしょうか。

本日は木彫観音菩薩像西大寺八幡神社古材香合の2点をアップしました。観音菩薩像は漆箔がよく残り、古作のお顔立ちにて小像ながらも観る者を陶然とさせる力があります。八幡神社古材香合は西大寺ゆかりの鎮守神。朱の残った枯れ味もよく古材鑑定のオーソリティである松田栄哉の極書があるのも嬉しい点です。いずれもブランド品ではないですが、宗教美術としての見所に溢れていますので一度仏教美術を買ってみたい、という初心者の方にもオススメできます。

木彫観音菩薩像はsold

開化の早かった梅も仕舞の時期、桜の開花も早そうです。桜までにはコロナウィルスの拡大が収まっていればよいのですが、、。

本日は古清水雷文茶碗をアップしました。今まで数々の古清水を見て参りましたがこんな大津絵みたいな雷文は初見です。清潔な伝世味も魅力のひとつ。台風の時期の茶会はもちろん、お詫びの茶にはマスト・アイテムとなりそうです。

sold

お水取りが始まっていないのに、春爛漫の奈良です。梅はもちろん、日当りのよい場所の桜が少し開化しているのには驚きました。

本日は古染付蛤香合をアップしました。春を感じさせる意匠ですが、遠近感の捻れた山水画も愛らしくオススメです。実物の蛤とほぼ同じ大きさゆえ茶籠向きではありますが、香合コレクションに如何でしょうか。

お陰様で完売しました。御覧いただき有難うございました。

令和2年の初出品は古染付の花唐草文茶碗です。江戸初期、遠州公の時代に人気を博した舶来物といえば井戸、唐物(磁州窯等)、そして安南も指折られるべきでしょう。本作は安南の染付茶碗をベンチマークとした一碗ですが、なかなかユニークなアプローチで当方は初見の品です。当時いかに本歌の安南茶碗が少なく、高価であったことの証左となり得る品ではないでしょうか。古染付らしいほのぼのとしたタッチや極上のアガリも嬉しく、新春に相応しい茶碗かと思います。

sold

太陽の位置が低くなり(この表現が正しいのかわからないのですが、明らかに窓から射してくる光が低い)軸を吊るための壁に直射してくる。古写経が焼けないよう閉店時にしめるカーテンを用意するも、まるで昼間から休んでいるようで心持ちが悪い。

本日は細見古香庵旧蔵の平安朝蓮弁香合をアップしましたが、すぐに売れてしまいましたので詳細はウェブを御覧ください。残欠とはいえ平安前〜中期の彩色蓮弁は希少です。

sold

秋が戻ってきたかのような爽やかな陽気が続いているせいか、照葉を終えた店裏の桜が咲いてしまいました。紅葉と白い桜花の珍なコラボレーション。不思議な風景です。

本日は西大寺古材敷板古染付笹文香合をアップしました。西大寺古材は鎌倉時代の毘沙門堂のもの。古美術店では店の備品として取り扱われることが多く、販売されることが余りありませんので小さくとも希少です。古染付笹文香合は『香合番付』にも掲載されておらず、また私自身も初めて見る形で珍しいものです。アガリも素晴らしく、また愛情に溢れた次第も嬉しい。

sold

急に冷え込む奈良。令和最初の正倉院展も今週(14日)までとなりました。年々秋は短くなっても照葉が麗しく鹿の「キョーン」という寂しい鳴き声がこだまする春日野です。

本日は八代(髙田焼)の俵茶碗をアップしました。俵茶碗といえば萩焼の代名詞のようなものですが、造形の愛らしさに加え縁起のよい形ですので、細川の殿様の眼に留まり写されたのでしょう。椿の象嵌や吸付くような手取りも嬉しく、これからの季節に真向きな一碗です。

sold

今年最後の(?)猛烈な台風が近づいております。コース次第では東日本付近にも上陸するでしょう。皆様のご無事をお祈り申し上げます。

本日は黒高麗徳利をアップしました。初期手の品は高麗時代の風がよく遺り、端正な姿形と深い釉色が魅力です。サイズよく独酌にもってこい。片口隆盛の中、徳利はやや人気がありませんが矢張りよいものです。

sold