香合展 出品作⑤

堆朱石榴文香合(明初期/径 40mm)

いよいよ骨董祭の会期が迫って参りました。有難い事に冊子も順調に手許を離れ、今は下準備で忙しい日々を過ごしております。あ、店はオープンしておりますのでお気軽にお越しくださいね。本日からは漆器の香合を紹介して参ります。堆朱石榴文香合です。石榴は種子が多い事から「子孫繁栄」「富貴長命」に因み喜ばれる吉祥文です。本品は表裏に3つの石榴が彫刻され高い品格を有しております。注目すべきはこのサイズ!茶籠に仕込むにも好適な愛らしいものです。青花の会骨董祭に出品します。

*本品は会期2日目のオススメ品として出品しますので、初日には飾っておりません。御覧になりたい方は9日(日)にお出で下さい。

sold

香合展 出品作④

染付長角香合(17世紀/60 × 43mm)

『番付』では西五段目の二十三位。四つ足付で側面が七宝紋と草紋なのは約束通りですが、甲(蓋)には何と人物が描かれております。通常は草花紋が圧倒的に多く面白味でいうと「??」な品が多いのですが、周茂叔のような人物が描かれることにより魅力が倍加し、また想像力が掻き立てられます。蓋を被せる時の涼しげな音もまた魅力的。青花の会骨董祭に出品します。

sold

先日よりお知らせしております「香合展」の出品作品を掲載した小冊子が完成しました。当店で茶道具を中心にお買い物していただいているお客様には今月末までにはお手許にお届けできるかと思います。250部しか印刷しておりませんので残部がほとんど無いのですが、先着30部を御希望の方にお送り致しますので、御希望の方はお名前と郵便番号、御住所を画面下の問い合わせフォームよりお知らせ下さい。先着順となりますのでお早めにどうぞ。

配布予定冊数に達しましたので締め切らせていただきました。多数のお問い合せありがとうございました。

香合展 出品作②

染付栄螺香合(17世紀/高 50mm)

これからの季節に相応しい、栄螺を象った香合。写真ではわかりにくいですが、ちゃんと巻貝状になっています。恐らく如心齋(表千家七代目)あたりから陶磁器の香合=炉、木地の香合=風炉という形式ができあがり、今では常道と化してはおりますが更に遡れば陶磁器/木地の区別なく使用していたのです。よって、この栄螺香合も夏の朝茶事に、、と想いつつも招客からはツッコミが入るのでしょうねぇ。青花の会骨董祭に出品します。

sold

香合展 出品作①

染付牧童香合(17世紀/幅 70mm)

本日より青花の会骨董祭にて開催する『香合 ―形物を中心に ― 』展の出品作を順次公開してゆきます。初回は何とも愛らしい「染付牧童香合」です。江戸末期に編纂された形物香合番付では番付外ではありますが、数は少なく形物香合の魅力を余すところなく伝えてくれそうです。恍けた牛の表情や豆男のごとき牧童。ぜひ実物を御覧下さい。古染付ファンはノックアウトされるはず。

sold

奈良博では明日から『国宝の殿堂/藤田美術館』展が、大和文華館では『茶の湯の美術』展が本日より開催されます。藤田美術館の蔵品のレベルはいわずもがな、よいものが出ております。また大和文華館は原三渓旧蔵の品が多くレベルの高い茶道具が揃っておりますので、ぜひ春の奈良へお遊びくださいませ。

本日は絵志野猪口をアップしました。色は淡雪のように白く、頃合いのサイズ感。大窯らしい柚膚も魅力的です。このような品を持つとどうにも手放し難く、、でも次の方へバトンタッチいたします(←何がいいたいのやら、、)。

sold

三寒四温の日々。いよいよ盛春です。眼前の桜花に腹を鳴らす私には風流もなにもあったものではありませんが、こんな茶籠があれば少しは変わ、、るのかな?

唐物茶籠をアップしました。煎茶用の提籃を改装したものですが、サイズが小振りにて抹茶道具でも納まりがよいと思います。竹を使用した超絶技巧の編み込みと成形はさすが彼の地。親しみ易さの中にも一本緊張感のある煎茶系ならではの作行です。

sold

花粉の見事な飛翔ぶりに、感動で泪がとまりません。

本日は胡銅鷺小香炉をアップしました。獲物を狙う鋭い目つきは現代においては恐く映るかも知れませんが、鳥獣の旧い工芸作品は大概精悍な表情をしているものです。造形感覚や銅の味わい等、中世工芸の魅力を存分に感じせしめる作品です。

sold

平成最後の師走、特にコレといった感慨もなく過ぎ去っていきます。歴史的に「平」字のつく元号にはロクな事がありませんので元号が変わることには賛成ですが、時の政権で誰か止める方はいなかったのが不思議でなりません。永い歴史を「鑑み」ることにもう少し向き合っていただく、今年の筆を置きたいと思います。

本日は今年一年の御愛顧に感謝し「特別出品」として古信楽旅枕掛花生をアップしました。古信楽が茶室にとって最上の花生、とはいいませんが矢張り花を呼ぶものとして後世に伝えられてゆくべきでしょう。小さな踞と同様に大変に希少な花生ですが、花を生け水分を含むことで田舎者の肌が気骨に満ちた存在感を放ってきます。古信楽ファンにとってはリファレンス的存在の『時代別 古信楽名品図録(光工芸出版)』に載る所載現品であることも嬉しく、無冠無銘の名品といっても過言ではないと思います。

sold

寒風吹き曝し、と書いたところでふと目を上げると、窓の向こうにある老桜の枝に花が咲いてる!健気な花たち、暖かだった師走の入りで春と勘違いしてしまったのね、、。来年も綺麗な花を咲かせておくれ。

本日は松永耳庵自筆の銘々皿をアップしました。「電力の鬼」と呼ばれた近代日本の大実業家であり、豪放な茶風で師匠筋の益田鈍翁をも驚かせた茶人としても高名ですが、氏が金沢の大樋窯で製作した本作は論語をアレンジした文言を早い筆でササっと書いたもので、松永らしい洒落が効いていて思いのほか打たれます。珍な品です。

sold