底冷え厳しく、そろそろ修二会が始まろうとしております。二月堂内に唱名がこだまし時折、達陀の床打つ音が耳を通り抜ける。激しい修行を目の当たりにする時、多々律する心持ちになります。

本日は彩色蓮弁をアップしました。浄瑠璃寺は吉祥天立像の蓮弁とほぼ同サイズ、同時代。淡い色彩が遠い古代寺院へと誘ってくれます。多くの言葉は不要でしょう。断片ながら素晴らしい遺品です。

東京での展示会も好評のうちに終了し、気がつけばもう節分。寒いがしかし、梅薫る初春らしい時節となりました。

本年初出品は金製装身具残欠一括をアップしました。掌にのる小箱にチン、と5つの純金金具がならぶ様は、これらの金具を寄せた数奇者の細やかな配慮とセンスを感じさせます。箱には「唐金髪飾」と書かれておりますが、中でも左右を飾る半月状の金具には「幻の」粒金細工がびっしりと施されており、六朝〜唐の工人の超絶技巧に脱力する思いです。これは私の想いとして記しておきますが上の雲形金具のみ和様を感じさせ、正倉院の色香が微かに匂います。およそ1300年余の時を経て手許で愛玩できる事は誠に尊いことですね。

sold

―好評のうちに終了しました―

東京での展示即売会『余と余 ―Yo to Yo―』のお知らせです。今展では宗教美術を中心に据え、今昔の<余>を感じさせる品々を蒐めてみました。もうひとつの<余>は、もちろん私。極めて偏狭な好みの展観ではありますが、対象と向き合うことで貴方と呼応するような品を見つけて下されば、望外の悦びであります。19、20日は中上も在廊します。是非お運び下さいませ。

日時:2019年1月19日(土)〜27日(日) 12:00 – 19:00(会期中無休)

於:Gallery SU(東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室 Tel : 03-6277-6714)

暖かな日で迎えた師走も、いよいよ寒波の襲来です。月並みではありますが、分厚いコートと旨い燗酒で乗り切りましょう。

本日は地蔵菩薩立像(春日本地仏)をアップしました。像容は地蔵菩薩ですが裾のめくれが湧雲にのり御蓋山から来迎した様を表しており、中世まで遡る垂迹美術、特に春日社信仰の状態のよい品は希少です。全長140mmの小像ながら彫りや細工が素晴らしく、都の仏師による仕事でしょう。眺めるものを現世という地獄からお救いいただけそうな有難い木像本地仏です。

sold

寒くなりました。皆様風邪など引かぬよう御用心ください。

本日は吉野薬器をアップしました。奈良県南部の吉野地方には古くから漢方の薬を製造しており、大峰山など修験の地には必ずといっていいほど製造所がありました(その一つが未だ製造販売されている和漢整腸薬「陀羅尼助丸」です)。それらの漢方材料を収めていたのが本品。茶の中次の粗形ともいわれております。少し大振りではありますが大寄せの侘道具としていかがでしょうか。

sold

先人の魂をお迎えする時節となりました。見上げる空は同じなのに、どこか憂いを帯びるてくるのは心の有り様ばかりではない、と感じます。

本日は東大寺大佛殿の平瓦残欠をアップしました。源平の戦火で焼失した大佛殿を復興するために岡山の万富窯で焼かれた瓦です。遺された「寺」の字には古代の名残を感じますが、大寺の寂とした空気を感じるには不足はないでしょう。

sold

残暑お見舞申し上げます。

近年顕著なのが、気温のレコードを塗り替えるほどの夏を招いておきながら立秋になったとたんに気温が「ストン」下がりツクツクホウシが鳴きはじめること。嬉しいような気持ち悪いような。しかし皮膚が焦げるよりはよいのかも知れません。

本日は猿投小徳利をアップしました。手許で平安の優美なラインを味わえるためか猿投の「手付徳利」は仏教美術ラヴァーを中心にいまだ高い人気を誇りますが、本品は把手を外しそのまま縮小したかのような稀にみる小品です。130ccしか入りませんが花を一輪を呼ぶにふさわしく、また小さめの義山杯と合わせれば過ぎゆく夏を惜しむには恰好の設えとなることでしょう。

sold

厳しい豪雨にて災害に遭われた方へ心よりお見舞いを申し上げます。関西はそろそろ梅雨明けかと思う今日この頃、既に摂氏37℃と猛暑日を記録しつつあります。最近想うことですが雨の降り方や気温、春〜初夏、秋〜初冬などの中庸の季節の短さがどうも気になります。刻々と変化する世界の在り方同様、大袈裟ですがこれが「生きる」という事なのかも知れません。

本日は胡銅の玄武をアップしました。比較的大きさもあるため元来三具足の燭台の台座部分と思われますが、旧い銅の味わいも含めて非常に魅力あふれる品です。見立の鎮子として如何でしょう。

sold

gaga

青花の会/骨董祭が終了し、日常が戻ってきました。入梅するないなや晴天が続く、何ともへそ曲がりな天気が続きます。奈良国立博物館では『春日大社のすべて』展が終了し、次回の『糸のみほとけ』展(繍仏や刺繍經の展観です。必見!)の準備が始まった模様。また本日から東大寺では普段は非公開の本坊にて『古美術からみる東大寺の美』展が始まりました。こちらは今月の28日までと会期が短いのですが、東大寺が持っている二月堂練行衆盤の数枚の他、二月堂焼經の良品等が展示されますのでこの期間に関西へお越しの方はお見逃しなく。

仏鉢

金銅仏鉢(南北朝〜室町時代) 径 185mm

鉄製の托鉢が僧の用いる応量器であるのに対し、本品のような仏鉢は仏前への供物に使用される。中世の作行らしく高さも低く抑えられ、鍛造で比較的厚く仕上げられている。箔の手擦れも自然な味わいで、花の映りもすこぶる良い。

sold