新緑萌ゆる時節となりました。あらゆる災禍とは無縁に神々の創造が、芽吹いています。近代化を推し進めてきた150年。世界はたしかに便利にはなりましたが、自然に寄り添い共生することの大切さが問われています。その中で本当の価値を見出せるのも人間なのですから、それぞれが長いものに巻かれず「考える」ことの重要さを改めて肝に銘じ、今この時間を過ごしたいと思います。

本日は土師器をアップしました。平均的な土師器のサイズは高さ10〜15cmくらい。それと比すればかなり小さいサイズであることがお解りいただけるでしょう。このくらいのサイズですと卓上でも邪魔にはなりませんし、壷内部には撥水材を塗布してありますので気兼ねなく水を張ってご使用いただけます。家に花のある生活の爽快さ、ぜひお試しください。

sold

既にお知らせしておりますが新型コロナウィルス蔓延防止の観点から、実店舗は現在予約制としております。たまたま通りかかったので寄りたい、という方はいらっしゃらないと思いますが、今はステイホーム!ぜひウェブで古美術をお楽しみくださいませ。

本日は随身像古唐津皮鯨茶碗をアップしました。皮鯨は同時代の量産茶碗と比べて径が大きめで見込も深く、存分に抹茶碗としてお使いいただけるものです。アヴァンギャルドな高台等、見所に欠かずお楽しみいただける品と思います。随身像は掌にのる小像ですが、仏師による確かな彫りが非常に端正です。比較的時代もあり、まるで少年のようなお顔も愛らしく蔵するに価する一躯と思います。

sold

東大寺二月堂にて執り行われております修二会もいよいよクライマックス。春の寧楽を彩るありがたい行事ですが、今年はやはり人も少なめ。いつもは奪い合いになる松明の燃え殻も、比較的入手しやすいかも。暇な店を抜け出して取りにいこうか。

本日は二月堂焼經をアップしました。寛文七年のお松明の際に失火し灰燼に帰してしまった二月堂。そこから焼け残った経典が一部流出し「二月堂焼經」として巷に伝世してきました。水を被って銀文字も酸化。不明瞭な三行とはいえ、隆盛の南都を想起するには不足はありません。華厳經巻第三を書写。

sold

いよいよ春めいて参りました。新型コロナの影響でどこもかしこも閑古鳥、ですが、こんな時こそ経済活動を止めてはならない!と強く思います。余り混んでいるところには行かず、1週間に1回くらいは馴染みの飲食店で食事をする。これだけでも皆が実行すれば、その地域には相乗効果がでてくるのではないでしょうか。

本日は木彫観音菩薩像西大寺八幡神社古材香合の2点をアップしました。観音菩薩像は漆箔がよく残り、古作のお顔立ちにて小像ながらも観る者を陶然とさせる力があります。八幡神社古材香合は西大寺ゆかりの鎮守神。朱の残った枯れ味もよく古材鑑定のオーソリティである松田栄哉の極書があるのも嬉しい点です。いずれもブランド品ではないですが、宗教美術としての見所に溢れていますので一度仏教美術を買ってみたい、という初心者の方にもオススメできます。

sold

太陽の位置が低くなり(この表現が正しいのかわからないのですが、明らかに窓から射してくる光が低い)軸を吊るための壁に直射してくる。古写経が焼けないよう閉店時にしめるカーテンを用意するも、まるで昼間から休んでいるようで心持ちが悪い。

本日は細見古香庵旧蔵の平安朝蓮弁香合をアップしましたが、すぐに売れてしまいましたので詳細はウェブを御覧ください。残欠とはいえ平安前〜中期の彩色蓮弁は希少です。

sold

秋が戻ってきたかのような爽やかな陽気が続いているせいか、照葉を終えた店裏の桜が咲いてしまいました。紅葉と白い桜花の珍なコラボレーション。不思議な風景です。

本日は西大寺古材敷板古染付笹文香合をアップしました。西大寺古材は鎌倉時代の毘沙門堂のもの。古美術店では店の備品として取り扱われることが多く、販売されることが余りありませんので小さくとも希少です。古染付笹文香合は『香合番付』にも掲載されておらず、また私自身も初めて見る形で珍しいものです。アガリも素晴らしく、また愛情に溢れた次第も嬉しい。

sold

奈良では「正倉院展が始まるとお正月の準備を始める」というと本当だと思うでしょう。でも実感としてはその通りで、12月の御祭りなんかは「ゆく年くる年」の心情です。

本日は阿弥陀如来坐像掛佛をアップしました。大振りで重厚な鎌倉期の作品ですが、地方作ゆえ古拙な雰囲気に満ちております。お顔やプロポーション等には藤原期のよすがを感じさせ、白色系の鍍金にも一連の経塚遺宝を想起させます。真に魅力ある掛佛です。店に展示して御座いますので秋の散策がてら、また正倉院展と絡めてお立ち寄り下さい。

sold

奈良は風が強くなってきました。遥か太平洋上にあって、この状態。どうぞ皆様、今週末はお気をつけてお過ごし下さい。

本日は古瀬戸瓶子の陶片をアップしました。印花も丁寧で、何といっても窯変した釉色がめちゃくちゃ綺麗。これが完品であれば文化財指定品になってもおかしくなく、800〜1,000万円の値がついていても納得できるレベルです。やはり古材が似合います。普段のなげいれを格調高くしてくれそうです。

sold

『仏は常にいませども』古美術と花と中世のうた「梁塵秘抄」より

山本野人 著

目利きの古美術収集家として知られる山本野人氏の仏教美術コレクションを中心に「梁塵秘抄」の歌に合わせて古美術と花をしつらえたエッセイ写真集を刊行致します。

平安末期、みやこで流行した「今様」をあつめた「梁塵秘抄」には、極楽往生を願う中世の人々の喜怒哀楽が詠まれています。選者の後白河院は、今様に狂い、貴賤の別なく歌を集め、何度ものどを潰しながら詠い、記録しました。

山本氏は、そうした「梁塵秘抄」の中に、仏教美術に込められた信仰に通じるこころを見出し、「遊女ささら」と古物を愛好する「おとこ」との対話というウィットに富んだ構成で、考えさせられる含蓄を含みつつ、収集の煩悩と悟りへの憧憬を面白く描かれています。

自身の蒐集品と古美術愛好から得た知見を惜しみなく披露し、研究者とは違った視点から日本美術の心象を描いたこれまでにない一冊です(宣伝文より抜粋)。

 

当店にて販売しております。ご購入希望の方は、サイト下部のお問い合せフォームよりご注文ください。

定価 7,700円(消費税/送料込)

 

完売しました。多数のお問合せ有難うございました。

 

昨日はオーディオ部品を漁りにオタク好事家の殿堂、大阪日本橋の電気街へ。昨今は急激に街の顔が変わる中、そちこちに昭和の薫りが健在。何とありがたいことと思いました。夕闇迫るころ、オバちゃんのカレー屋でカツカレーを味わい、そのまま心斎橋のジャズ廃盤店へ。レジで消費税8%を支払った最後の買い物。いや佳き日でありました(本当の消費税8%最後の買い物はコンビニの牛乳だったけど)。

本日は根来引盃をアップしました。駄文を連ねておりました途上に売約となってしまいましたが、よい品ですので是非ご覧下さい。

sold