fu-020_1

今日は寒い中にも春らしい陽光を感じることができた。季節は確実に移ろっているのだ。

先ほどfufufufu.comに朝鮮「奉」字染付壺をアップしました。呉須で「奉」一文字を描いただけの潔さ。是非ご高覧下さい。

DSC_0002

fufufufu.comに「紅陶小壷(鉄器時代)」を追加しました。

古代朝鮮の中でも特異な土器で、表面を研磨していたりするところは同時代の中国土器の影響下にあるのでしょうか。首辺りの紐が可愛いですね。

小さくて花も生けやすく、重宝する小壷です。欠けが二箇所。桐箱付。

御売約

hh_800

 

 

古美術 中上の開店案内のDMはこんな感じです。写真は朝鮮王朝時代後期の分院手の水滴で、その形から「膝」と呼ばれているものです。天部の染みがまるで鶴の首のようで、偶然の産物ですが一編の物語が生まれそうな様相です。

一般的に「欠点」と呼ばれる部分にこそ、愛すべき理由や愛おしさを感じるのはモノもヒトも同じなのだな、と感じる次第。