DSC_0003

本日より仕事初めです。2014年のスタートはあいにくの雨模様になりましたが、スロウスターターで気分的には心地よし。今年は厄年なのですが、清々しい気持ちで良いものを紹介できるように頑張ります。

写真は店の窓から見える風景。左手には国立博物館(旧館)を望むことができます。国立博物館(旧館)は赤坂離宮を手がけた建築家、片山東熊の設計により明治27年に建てられました。洋風建築の代表例として重要文化財にも指定されています。昨年の大型台風により雨漏り被害に遭いましたが、これからも末永く私たちの目を楽しませて欲しいものです。

DSC_0007

新年明けましておめでとうございます。

私事ですが今年は本厄の年。いつも以上に気を引き締めて良いものを紹介できるよう精進して参りますので、2014年も引き続きお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

本日、fufufufu.comに信楽小壷をアップしました。古信楽らしい野趣に富んだ踞(うずくまる)ですので、ご高覧いただければ幸いです。

御売約

DSC_0001

本年の営業は明日(12月29日)まで。翌年は1月8日(水)からの営業となります。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

中上 修作

DSC_0004

fufufufu.comに上野灰釉徳利を追加しました。

カイラギ状になった灰釉の上に鶯色の自然釉がこってりと乗っかってる面白い様相です。二合六勺入りますので、お正月のお預け徳利としていかがでしょうか。

御売約

 

DSC_0003

冬期休暇のお知らせ

年内は12月29日(日)まで営業、12月30日より翌年1月7日(火)までを冬期休暇とさせていただきます。店は休業ですが、fufufufu.com等のウェブ販売は更新する予定ですので、ご高覧いただければ幸いです。

11月2日にオープンし、気がつけばもう年の瀬。まだまだ皆様のご期待に添えないのが痛恨事ですが、牛歩ながら努力して参る所存ですので何卒お許し下さいませ。2014年が皆様にとりまして明るく、また幸せな年となりますよう祈念致しております。

ハイアットリージェンシー京都で開催中の『妙喜庵待庵古材茶箱展』もお陰様で大変好評をいただいております。翌年1月20日まで開催しておりますので、お時間がございましたらご高覧下さい。

中上 修作

DSC_0002

fufufufu.comに「紅陶小壷(鉄器時代)」を追加しました。

古代朝鮮の中でも特異な土器で、表面を研磨していたりするところは同時代の中国土器の影響下にあるのでしょうか。首辺りの紐が可愛いですね。

小さくて花も生けやすく、重宝する小壷です。欠けが二箇所。桐箱付。

御売約

12月23日(月/祝日)は営業いたします。

DSC_0003

御祭期間中は休まず営業しておりましたので、明日12月18日(水)と明後日19日(木)は振替休日とさせていただきます。予めご了承ください。

写真の杯は砥部の面取り筒杯、江戸後期。朝鮮時代中期の陶のような光を吸い込む肌と柔らかい面取りがGood。

店頭にて販売中。

御売約

DSC_0001

古美術 中上ではこの度、骨董サイトfufufufu.comに加盟致しました。これは私感ですが、現在の骨董を専門とするウェブサイトでは加盟店の豪華さや品揃えは国内随一かと思います。まだ品物は少ないですが徐々に増やして参ります。ご興味ある方は一度覗かれてみて下さい。新しい世界があなたを待っているかもしれません。古美術 中上のページはこちらから入場できます。

DSC_0026

企画展のご案内です。京都のハイアットリージェンシー内にあるギャラリー、セレクトショップ京にて開催される「妙喜庵待庵古材茶箱展」に参画致します。千利休が作ったとされる、唯一確かな茶室である「待庵」。その古材を使用して制作された茶箱をベースに道具を組んでいくという、前代未聞の企画です。製作期間1年という短いスケジュールの中でしたが、現時点で最善の仕事をさせていただきました。ご興味のある方はぜひ京都へ足をお運び下さい。

妙喜庵待庵古材茶箱展

会期:2013年12月19日(木)〜2014年1月20日(月) 8:30〜18:00(最終日のみ16時迄 )

会場:セレクトショップ京(京都市東山区三十三間堂廻り 644番地2 ハイアット リージェンシー京都 ロビー内)

参加者:

赤木 明登(塗師)
安藤 雅信(陶作家)
石橋 圭吾(白白庵主宰・アートディレクター)
小田 薫(アーティスト)
雑誌「家庭画報インターナショナル」(森音 広夢制作)
コシノジュンコ(デザイナー)
小林 和映(仕覆作家)
雑誌「サライ」(高仲 健一制作)
とらや(御菓子司)
中上 修作(古美術 中上・Bon Antiques主宰)
長谷川 竹次郎(金工作家)
黄 安希(茶事家・中国茶曾主宰)
細川 護光(陶芸家)
丸久小山園(日本茶製造・販売)
や和らぎたかす(着物専門店)
吉田 博信(切子作家)
ランディーチャネル 宗榮(茶道家)

増田 宗陵(高野竹工)
青木 健一(高野竹工)