_dsc0017

本日は鳴海織部の筒向付をアップしました。組物から離れて伝世し暫く火入れとして活躍していたようですが、左党は麦酒や焼酎を注ぎたくなるでしょう。アガリも最上級で、和陶のよさをしみじみ味わっていただけるお品です。

sold

_dsc0013

正倉院展も無事に閉幕。静かな奈良に戻りました。熱狂的ともいえる混雑ぶりを思い返しつつ、商売的に利はあるものの何だかホッとする心地です。12月には御祭を控えておりますので、この静寂も長続きはしませんが。

本日は阿蘭陀の藍絵花虫文茶碗をアップしました。本歌の阿蘭陀茶碗は古染付茶碗と同様に「注文手」として希少なものです。茶を喫してわかる、その肌の柔らかさ、口当たり。和物と取り合わせても違和感なく収まり、かつエキゾティックな空気を醸してくれる道具は、当時の数奇者の心をくすぐった事でしょう。古い疵はあるものの、絵も面白くオススメです。

sold

_dsc0001

『目白コレクション 2016 秋』にご来場頂き、有難う御座いました。数多くのお客様に恵まれ大変充実した2日間でしたが、私的には少なからぬ課題も頂戴しました。一歩一歩クリアして参る所存ですので、引き続きご愛顧賜りましたら幸いです。

本日は堅手盃をアップしました。深まる秋、燗酒が恋しい時節であります。見処に富み、また釉がかりも薄いため育ちの楽しみもあります。シンプルな盃ですが、案外このようなものが手放せなくなるものです。

sold

_dsc0020

古美術 中上では、お客様の大切な器をより長くお楽しみいただくために器のお直しを承っております。本漆、純金粉、純銀粉等を使用した伝統的な手法に拘りひとつひとつ時間をかけて真面目に直しております。

その為多少の納期を頂戴しますが合成漆や接着剤とは違い全て自然素材ですので、食器などには適した方法です。器の大きさや欠片の数、欠け方により修繕費が変わります。まずはお気軽にメールフォーム、お電話等でお問い合わせ下さい。

*上の写真をクリックすると他の写真もご覧いただけます。

 

_dsc0008

寒露を迎えるもTシャツ短パンの男女が路を行き交います。それでも季節は確実に移ろっているようで、夕刻は少し煙の匂いを含んだ乾いた風が髪を通り過ぎてゆきます。家に急ぎたくなる季節の到来です。

今日は紅毛花鳥文盃をアップしました。デルフト陶において日本の茶人からの「注文手」は特別な響きを持ちますが、本作品もその一群です。絵の愛らしさと肌の清冽さがポイント。深さがありますので、茶籠(箱)の仕込茶碗にもオススメです。

sold

fafa

夜の春日さん(奈良の人は春日大社を親しみ込めてそう呼びます)。今年、春日さんは式年造替で大忙し。長らく地味だった(?)国宝殿もリニューアル・オープンし、益々にぎわっております。その中でもひときわ目を引いたのが、一之鳥居のリ・ペイント!白い囲いが少々残念ではありますが、次にこの姿を拝見できるのは20年後です。

_dsc0029

いよいよ9月も了。「8月が終われば年末までジェットコースター」と巷では囁かれますが、奈良は10月下旬より正倉院展が、12月半ばからは御祭が始まるので特にその感が強い。昼が短くなるのであれば、せいぜい長くなった夜を楽しもうではありませんか!

今日は三島徳利をアップしました。通称「赤肌」と呼ばれる高麗青磁(初期三島陶)の一群は、窯中の酸化焼成により稀に現れる異端児です。しかし赤楽茶碗のような雅味があり、茶席では人気者。首の傾きも酒を誘います。

sold

_dsc0011

彼岸の時節、奈良はしとしと雨で迎えております。窓から見える老桜の葉が徐々に色づいてきたのを確認しつつ、10月に開催されるメジコレの準備を進めております。いつも牛歩にて情けない限りですが、見所のある品を現実的なプライスで御用意できるよう頑張りますので、応援いただけましたら嬉しいです。

今日は古染付の霊芝香合をアップしました。呉須のアガリよく、目出たい意匠ですのでオススメです。丁寧に作られた仕覆や時代箱の付属も嬉しいところ。

sold

_dsc0002

颱風がじわりと歩を進める中、今日は美術倶楽部での交換会でした。少なからず好きなものも買え、足早に西下するも、予想通り名古屋手前で新幹線が立ち往生。何やら米原付近で猛烈に降っているとのこと。読書で時間を潰しましたが、およそ45分間は線路上で過ごしました。珍しい経験でしたが、気分的に疲れました。

本日は鶏龍山鉄絵壺をアップしました。鶏龍山、といえばこの文様を思い浮かべる方は多いでしょう。朝鮮人参の葉を描いた、といわれておりますがハテ、本当のところは???白泥の剥離があるもののアガリ良く、若く清潔な色気を漂わせる壺です。何を容れずとも「そこ」に在るだけで空気が引き締まるのは、作った人間が充実していたのでしょうか。

sold

_DSC0004

夏期休暇を戴いておきながらアレですが、前半は仕入れの旅が重なり9月からようやく休息モードに入りました。自宅マンションの隣が工事で連日五月蝿いのですが「初めて」発掘調査が入るそう。元は興福寺の土地ですので、絶対何かが出てくるはずですから、調査の入る期間は目が離せません。

今日は朝鮮の印箱をアップしました。李朝木工は数多ありますが小品は珍しく、特に文房四寳を収めるものは希少です。デザインも簡素で箱数奇には堪らない佳品と思います。

sold