_DSC0003

今日は妻が外出、蕎麦でも食べに行こうかしら。先日御来店いただいた骨董雑誌の編集長は、それこそため息の出るような酒器をたくさんお持ちで、茶籠にその日の酒器を仕込んでお出かけするそうな。下戸でも酒好きの店主は酒器を全て商品化するため、同じく持参するのは瑕物か作家ものと決まっているが、いい酒器ですね、なんて褒められると「コレハウリモノデハナインデスケドネ」なんてムニャムニャ言って酒で染めた頬とは違う朱味がさしてくるのです。あー何だか書いているうちに恥ずかしくなってきた。

今日はfufufufu.comに猿投の三叉(さんさ)トチ土師器の小壷をアップしました。どちらもお手頃価格ですが、良いものですのでお早めにどうぞ。

双方とも御売約

_DSC0002

高仲健一『山是山 水是水』出版記念展、お陰様でご好評いただいております。氏の味わい深い陶器作品も徐々に少なくなって参りましたが、まだご覧いただけますので是非御来店下さい。fufufufu.comに八代の小服茶碗をアップしました。芋頭型で仕込みの茶碗はもちろん、酒器としても転用可能な佳品。無瑕で次第も整った気持ちのよい小茶碗です。

御売約

_DSC0001 15-48-55

奈良、曇ってきました。今夜は雨かしら。

fufufufu.comに白磁の小壺杯をアップしました。朝鮮王朝時代前期の明器の離れですが、奇跡的に大きさもあり筒状ですので、酒器として十分にお楽しみいただけます。

ご高覧くださいませ。

御売約

IMG_1031

高仲健一『山是山 水是水』出版記念展好評開催中です。今回は『山是山 水是水』に掲載されている全ての原画をご覧いただくことができ、また嬉しいことに購入も可能です。<現代の民画>ともいえる高仲氏の世界は軽妙で可愛らしくもありますが、それぞれに漢詩を散りばめられ、現代人が忘れかけた(とっくに忘れてしまった)大切な心、また対象への向き合い方を教えてくれます。会期中のみ韓国で額装した特装版も展示/販売しておりますので、お見逃しなく。もちろん、本も直接手に取りご購入いただけます。

写真は会場の模様です。普段より少なめですが、骨董も販売しております。

近鉄奈良駅より東大寺方面へ徒歩10分です。会場の詳細はこちらから。

_DSC0014

明日、5月31日(土)は高仲健一『山是山 水是水』出版記念展の準備のため、16時にて閉店させていただきます。予めご了承下さい。

fu-051_1

本日はfufufufu.comに輪線文の蓋付椀三島の徳利をアップしました。蓋付椀は江戸前期の作ながら大変にモダンな印象で、時代の直しこそあるものの、気骨溢れる素晴らしい漆椀です。

三島の徳利は笹文でしょうか。簡素な意匠が却って好ましく、このくらいの方が日々飽きずにお使いいただけると思います。発掘伝世ですが、既にトロトロの味わいです。どうぞご高覧下さい。

御売約

fu-054_1

爽やかな気候が続きます。かつて、こんなに涼しい五月があったでしょうか?却って盛夏は厳しくなりそうですね。

fufufufu.comに志野織部の菱形筋文向付をアップしました。筋文がモダンで涼しげな意匠、水に潜らせて冷えた黄瓜の浅漬けなんて良いでしょうね。

御売約

_DSC0023

6月1日(日)より8日(日)まで、当店にて高仲健一『山是山 水是水』出版記念点を開催します。高仲氏の20年間にわたる山暮らしの日々を活写した画文集を自然堂出版より上辞された記念として、その画文集に掲載された原画全てを展示(一部、豪華額装付)、販売させていただきます。あわせて高仲さんを囲む家族や動物達の姿が描かれた陶器も展示即売いたします。どこかユーモラスで味わい深い高仲さんの世界を、ぜひご高覧ください。

<奈良展>

2014年6月1日(日)より8日(日)まで

古美術 中上にて

11:00 – 18:00 会期中無休

作家在廊日:6月1日(日)

 

当店の展示終了後、東京へ巡回します。

<東京展>

2014年6月15日(日)より22日(日)まで

Gallery SUにて

fu-050_1

日々熱く、紫外線料も鰻登りです。いかがお過ごしですか。さて、fufufufu.comに阿蘭陀の古染付写杯をアップしました。当時、舶来品のベストセラーであった青花の杯を写したもので、欧州でも中国陶磁の人気は絶大だったのでしょう。

御売約

fu-048_1

今日は同時に古染付の壽字筒茶碗もアップしました。梅の花を呉須で、壽字を辰砂で描いた希少な茶碗です。手前味噌ですが、一生に一度出会えればラッキー、な品ではないでしょうか。価格等、詳細はお問い合わせください。

御売約