_DSC0018平成30年最初の出品です。本年もよろしくお願い申し上げます。

美濃唐津の火入です。美濃唐津とは唐津の土を使用して美濃の陶工が製作した焼物です。恐らくは当時都で人気を博していた本歌肥前唐津を試験的に写したのではと思います。美濃唐津の起源については諸説ありますが、その流通量の少なさは異常。伝世のここまでアガリの良い作品は間違いなくミュージアム・ピースといえます。本作は中まで釉が掛かっておりますので筒向付の可能性も否定できませんが、口縁の疵の様子から火入として伝世したようです。美濃の造形感覚と唐津の素材という夢の競演。ここまでの美濃唐津を出品できる可能性は今後限りなくゼロに近いです。この機会にぜひ御検討下さい。

sold

_DSC0003

暑い寒いを繰り返して季節が進むのは春の専売特許ではなくなってきたようです。今年の寒暖差には目(肌?)に余るものがありますが、夏は酷暑が予想されているとのこと。今から憂鬱な気分、、。

本日は臨器薬器をアップしました。古くから「西大寺形」と呼び親しまれておりますが、かつて奈良県南部で製作されていた薬器と思います。侘び茶に似合う風情と格を持ち合わせておりますが、日常の茶にも気取らず出しゃばらず重宝する品です。

sold

tsurukubi

初夏や 蝶に眼やれば 近き山 原石鼎

稚竹、羊歯/胡銅鶴首

『目白コレクション 2018 春』は好評のうちに終了いたしました。お運びいただき、また購ってくださったお客様、本当にありがとうございました。次回は6月9、10日に開催される『青花の会 骨董祭』に向けて、勢威奔走しております。夏に向けて清らかで美しい品々を御紹介したいと考えております。乞う御期待!

_DSC0002

今週末は目白コレクションの会場でお会いしましょう。

本日は金銅鈴をアップしました。華鬘か金銅玉幡の離れでしょう。白色系の厚い鍍金とグラマラスな膨らみから中世の金銅鈴の可能性が高いですが、びっしり鍍金に覆われ地金の色が確認できません。桃山時代を下ることはないと思いますが、何れにせよ素晴らしい小品(残欠)です。

sold

kyuusu

秦山作急須、銅急須(昭和)、手力盆(明治)。メジコレはいよいよ今週末。会場でお会いしましょう。

目白コレクションに出品します。

tokkoname

常滑広口壺(平安時代)品格高く、和様をしみじみ味わうための壺です。

目白コレクションに出品します。

_DSC0003

はらはらと舞う花弁。川面をすべる桜もよいものですね。

本日は鉄砂面取水滴をアップしました。木蓮でしょうか。生け花が水滴いっぱいに描かれており、朝鮮陶磁の美質がギュッと詰まっております。面取が九角というのも如何にも。少し灰上がりではありますが、愛らしい絵のベースとして美的に寄与しているといえば言い過ぎでしょうか。

sold

sakura

桜桜桜桜桜 桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜 桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜 桜桜桜桜桜桜桜 桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜鳥 桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜  桜桜桜桜桜 桜

     桜        桜

          

  桜   桜

                   

chawan

瀬戸茶碗(江戸前〜中期)、根来茶器(江戸後期)。どちらも江戸期の品ですが、味わいがあります。

目白コレクションに出品します。

sakura

花は根に 鳥は古巣に 帰るなり 春のとまりを 知る人ぞなき 崇徳院・千載和歌集

桜、白玉椿