_DSC0004今日は店休日。所用で京都へ出掛けておりましたが、街も車で聴くラジオもクリスマス一色。時代は変わっても、年末の過ごし方は一緒なんだなーと納得しかけましたが「盛り上げる」側ばかりが盛り上がっていて、「盛り上がる」側は案外醒めているのでは、と感じた次第。ムードに負けない<実質>が顕在化してきたのは、良いことなのか悪いことなのか。

さて本日は古瀬戸銚子をアップしました。御存知の方にはお判りいただけると思いますが、随分と小さな銚子です。時代は室町。この時代の古瀬戸にしては状態も良い方ですので、お正月の引き盃に添えれば楽しいのではと思います。或いはこのままぐい飲みでも、、。

sold

_DSC0006

ようやく梅雨らしくなったと思いきや、関西では真夏のような陽射しが降り注ぎ、九州四国では早くも颱風で大地が震える。暦が崩壊、もう滅茶苦茶なことです。

本日は唐時代の金銅蝶番をアップしました。分厚い鍍金に覆われた、ずっしりとした金具は調度品に取り付けられていた品で、その姿形の愛らしさから神護寺の経帙金具と同様、定番の人気を誇る古代金石です。品位高く仕上げられた縞黒檀の装飾板に取り付けられており、モダンな設えに適います。「しっかり時代のある、可愛くて見飽きない作品をひとつ」という方にはオススメできます。奈良国立博物館の学芸部長であられた河田貞先生の旧蔵品。

sold

_DSC0004

ようやく梅雨の様相です。こうなるとお天道様が恋しくなりますが、最近購入した伝統工法の傘の威力を試すにはいい機会です。

本日は江戸ガラスの黄縞紋脚付杯をアップしました。最近まで滋賀県のMIHO MUSEUMでも素晴らしい江戸ガラス(瓶泥舎コレクション)の展観がありましたが、本品も負けず劣らずの素晴らしい作品としてオススメ致します。ガラスなのにどこか人肌の柔らかさを感じさせるところがギヤマンの魅力ですが、楚々とした縞紋が愛らしくよいアクセントになっております。

sold

_DSC0010

青花の会骨董祭も幕引き、ぼうとしてたらもう6月後半です。カラカラの様相を呈した奈良に必要なのは、恵みの露と知性なのかも知れません。なんちゃって。

本日は薄瑠璃瓢徳利をアップしました。清時代初期の作品だけあって気品と柔らかさが同居し、日本人の心の襞にもすっと馴染んでくれそうです。徳利、としましたが涼しげな色の金平糖を容れて振出としても生きるでしょう。千変万化する薄瑠璃色は見飽きることがありません。

sold

haha

『青花の会 骨董祭 2017』は盛況裏のうちに閉幕しました。今回は招待者と青花の会会員のみ入場が可能なプレビューも行い、初日から立錐の余地がなくなるほど。画期的なことだったと思います。また来年の会に向けて、良い品を蒐めて参ります。御来場いただいた方、有難う御座いました!

【お知らせ】6月15日(木)は誠に勝手ながら、仕入れのため店は休ませていただきます。

_DSC0006

青花の会骨董祭は選りすぐった希少な品から、安価だけれども店主拘りの道具まで約30点を展示即売いたします。本日から開催日直近まで、いくつか出品物を御紹介して参りますので御期待ください。10、11日の各店のオススメ品は青花の会骨董祭のインスタグラムでも紹介されておりますので、そちらも併せて閲覧ください。

本日は八代の三島皿五枚組をアップしました。唐津を代表選手とする九州陶の中にあって比較的品がよい印象の八代。愛らしい上使い勝手もよく、日々の食卓では重宝すると思います。

sold

_DSC0002

入梅の気配が濃厚です。緑の光線が眩い当節には暫し休憩、といったところでしょうか。先だってお知らせした『青花の会 骨董祭』が近づいて参りました。工芸青花のインスタグラム等で各店の出品物の写真が掲載されておりますので、是非御覧下さい。当店が展示する品は全て新出のものです。どうぞ御期待ください。

本日は白磁明器をアップしました。李朝前期の白磁明器ですがアガリ良く、前期白磁の美質がギュッと詰まったお品です。サイズ小さく蓋と身は一体ですので実用はできませんが、紙鎮や棚飾りにされると良いと思います。「たかが明器」と侮るなかれ。このレベルはちょっと有りません。

sold

IMG_2320

今年も『青花の会 骨董祭』が東京神楽坂にて開催されます。昨年よりも会場が増えますます会場を巡回する楽しみ、同時開催で『骨董と私』と題された各著名人の私物骨董を販売する催しも御座います。当店はセッションハウスという会場のB1Fに出店しております。

青花の会 骨董祭 2017

会期:*6月9日(金)、10日(土)、11日(日)*9日は青花の会会員および招待者のみのプレヴュー・デイ

時間:10日は11:00〜19:00、11日は11:00〜18:00

入場料:1,000円(青花の会会員は無料)

詳細は青花の会骨董祭のHPを御確認ください。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

_DSC0007

5月5日、こどもの日。雲間に鯉が泳ぎ、非常に気持ちよい奈良の空です。例年よりも人通りが多く、鹿も目を丸くしているのではないでしょうか。

本日は古染付の松竹梅図筒茶碗をアップしました。時節柄、竹を正面に撮影しましたが、季節に応じて正面を決めることができるのも本碗の魅力です。膚のアガリや釉の発色が理想的で「いつかは厚手の古染付茶碗を」とお思いの方にもオススメできます。掌にすっぽりと収まる絶妙なサイズ、早春から晩秋まで広くカバーしてくれる懐の広さが魅力の佳碗です。数奇者愛慕の桐箱に一閑貼の挽家も附属。

sold

_DSC0007

新緑が目に眩しい時節です。膝におべんと、が似合うのは秋よりもこの頃でしょう。みんな仲良く、平和が一番。

本日は唐物香合(永楽作青磁蓋補)をアップしました。唐物茶入と同じ頃製作されたと思しき小壺に京都の陶芸家、永楽家が蓋を補った愛らしい香合です。この渋い壺に蓮を象った青磁を合わせたところが数奇者の遊びを感じさせて微笑ましい限り。極メも附属、筋のよいお品です。

sold

_DSC0006

メジコレが了わり、しばし放心。店に戻ると窓ガラスが花粉で黄色くなっており。明日は窓拭き、か。

本日はペルーの彩色土器をアップしました。まあるくふくよかなボディに、ストライプが愛らしい。時代もしっかりあり、花映えも素晴らしいものです。春夏らしい、爽やかな設えをお楽しみください。

sold